ADHD サプリ おすすめ

ADHDに悩む子どもにおすすめのサプリは?改善への近道は?

子どもの成長を見守っていく中で注意したいものの一つに、
「ADHD」といった発達障害があげられます。

 

子どもに落ち着きがない、学校でよく注意されてしまう、
行動が荒々しく暴力的な一面が見られるなどの
症状が子どもにある場合、それはADHDのサインかもしれません。

 

お家の中など、目の届く範囲での行動で対応できることも、
学校や行事ごとなどでそういった症状が出てしまうとなると、
どうにか改善していきたいところですよね。

 

今回は、そんなADHDに悩む子供のためのサプリメントをご紹介!
ADHDの改善に効果的なサプリメントの詳細までを
まとめてみましたので、さっそくご覧ください!

 

【ADHDって?どんな特徴があるの?】

上記で述べたように、ADHAとは発達障害の事を指し、
その種類として注意欠陥、多動性などがあげられます。

 

▼行動による特徴
・注意力が不足している
・じっとしていられず、座っていてもすぐに立ち上がってしまう
・物事を考える力が欠如している
・整理整頓が苦手
・忘れ物が多い
・自分の話ばかりする
・乱暴にものを扱ってしまう

 

 

▼年齢別による特徴
◎乳児
乳児、新生児はまだ行動に限りがあり、寝ていることがほとんどであったり、まだ物事を訴えることが出来なかったりと、症状がわかりずらいことが難点とされています。
そんな中でも、例えば視線が合わない、抱っこを嫌う、または落ちつきがないなどの症状が現れる場合は、要注意が必要です

 

 

◎1歳〜
1歳を迎える子どもは、出来ることが多くなるため、
ADHDの症状も目に見てわかりやすくなります。
落ち着きがなく、じっとしていられる時間が少なかったり、
それらを注意しても一向に行動が治らない・改善されない場合は、ADHDを疑いましょう。

 

 

◎小学低学年
この頃学校での授業や運動会、行事ごとが増えるため、
ADHDの症状や特徴は様々な範囲で見られます。
不器用であったり、感情のふり幅が激しい、物忘れが多い、一つのことに興味が続かない、
友人関係を築くのが苦手、などなど、様々な物事に対しての対応力の無さが特徴としてあげられます。

 

 

◎中学生
中学生にもなると、まだ子供と言えども大人びた感情や考えがその子一人1人に芽生え始めます。そのため、周りの視線や意見がいやに気になるようになってしまい、
症状が悪化すると不登校・引きこもりなどの行動を取る子も少なくありません。
中学生あたりのADHDによる初期症状としては、
学力の低下や、物事への意欲低下などがあげられます。
また、すでにADHDと診断されている子は、医師の指示を守らずに勝手に服用量を変えてしまうケースもあるため、保護者の方はより注意深く見守ってあげる必要があると言えます。

 

このように、ADHDによる様々な症状を
改善してくれるサプリメントこそが、
「コドミン」と「リパミンPS」といった2つのサプリメント。

 

ADHA改善に効果があることで知られている
コドミンとリパミンPSですが、
具体的にどういったサプリメントなのでしょうか?
双方を詳しく見ていきましょう。

 

■コドミン

子どものADHA改善に向けて作られたサプリメントで、
ADHD障害を持つお子様をお持ちの
お母さんお父さんから支持の熱いサプリメント。

 

配合されている大豆由来のホスファジルセリン(PS)成分が、
脳の情報伝達をスムーズにしてくれることから、
子どもの落ち着きを改善し、集中力を強化。

 

子どもの日々の行動に不安を感じている方や、
理解を得ずらいのではと不安を抱き、
なかなか人に相談しずらい・・等、
子どものこれからを全力でサポートしたい方に
是非おすすめしたいサプリメントとなっています。

 

◎コドミンの効果

・落ち着きを取り戻してくれる
・子どもの集中力アップ
・子どものイライラを改善
・落ち着きを取り戻すことで、友人関係を改善

 

◎配合成分

コドミンの代表的な配合成分は、
大豆由来のホスファジルセリン(PS)という成分。

 

このホスファジルセリン、子どもの集中力を高めて
落ち着きを取り戻してくれる効果があるため、
ADHD改善にとても最適な成分なんです!

 

ホスファジルセリンはリン脂質の一種であり、
大豆からわずか0.003%しか抽出することの出来ない
貴重な成分としても知られています。

 

そんなホスファジルセリンが1粒に
100mg配合されているのも、コドミンの魅力の一つ。

 

コドミンは1日3粒の服用が目安となっていますので、
1日300mgのホスファジルセリンの摂取が可能となっています。

 

◎副作用について

コドミンによる身体への副作用についてですが、
配合成分などを調べてみたところ、
特に副作用に繋がる成分は含まれていないことから、
安心して飲むことが出来るサプリメントと言えます。

 

ただし、稀にアレルギー反応が出る方もいるので、
その面で心配な方は、まずは小量から試してみると良いでしょう。

 

◎コドミンは何歳から飲めるの?

子どもに飲ませるサプリメントということもあって、
何歳から飲んでよいものなのかが気になるところ。

 

サプリメントは薬ではないため、
特に決められた年齢制限はありません。

 

年齢制限がないということは、乳児からでも飲用が可能、
ということになってしまいますが、
一般的に考えて乳幼児などは
まだサプリメントを飲む力がありませんので、
ある程度、固形物を飲食出来るようになる年齢が望ましいでしょう。

 

そのため、2歳にもなればある程度の飲食が
出来るようになるので、コドミンの飲用も可能ですが、
不安な方は3歳を過ぎたころから試してみてあげてください。

 

■リパミンPS

続いてリパミンPSというADHD改善サプリメント。

 

こちらも、コドミン同様に子どもの落ち着きや
不注意などの改善に重きを置いて作られた
ADHA改善サプリメントとなっています。

 

集中力を強化するホスファジルセリンが
主に配合されていて、
他にも子どもの成長や健康のために
欠かせない成分が入っていることから、
育児をしている方に注目のサプリメントとなっています。

 

◎リパミンの効果

・集中力強化
・子どもの落ち着きを改善
・イライラやストレスを改善
・冷静さを保ってくれる

 

◎配合成分

ホスファジルセリン/L-ロイチン/L-トリプトファン
ビタミンB6/ビタミンB12/葉酸

 

◎副作用について

リパミンPSの配合成分などから
副作用を調べてみましたが、
特に危険な成分は配合されておらず、
安全な成分しか配合されていないため、
副作用の心配ないと言えます。

 

ただしこちらも、副作用による心配がないとは言えども、
すべての人に適応しているとは断言できませんので、
個人差があることはご了承くださいね。

 

◎何歳から飲める?

リパミンPSはサプリメントですから、
何歳からでも安心して飲むことが出来ます。

 

そのため、基本的に決まった年齢制限はなく、
飲み込みが出来るのであれば何歳からでも大丈夫ですが、
より安全を確保するためにも2〜3歳からの服用を目安にしてください。

 

以上のことから、コドミンとリパミンPSは
ADHD改善にとても効果的!

 

そんな2つのサプリメントですが、
販売店や購入情報が気になるところ。

 

調べてみたところ、2つのサプリメントともに
通販専門の商品となっているため、
ドラッグストアや薬局などの市販はされていないようです。

 

通販を利用する場合は、楽天やアマゾン、
公式サイトなどがおすすめ!

 

今回はそんな通販サイトの中でも、特にお得に、
安心安全に2つのサプリメントがゲット出来る公式サイトについて
詳しくまとめてみました!

 

【公式サイトでお得にサプリメントを購入しよう!】

≪コドミン≫
通常価格・・・8,980円

 

とくとくコース(定期配送)・・・980円(初回89%off)
(2〜4回目まで3000円off/5回目以降は5000円off)
※定期周期変更自由!

 

●60日間返金保証あり!

 

コドミン公式サイトURL
http://mpj.jp/shopping/lp.phq?p=kodomin

 

 

≪リパミン≫
通常購入価格・・・3,000円
定期購入価格・・・2,700円(1袋)

 

 

リパミン公式サイトURL
http://www.kensup.co.jp/lp/

 

【ADHDサプリの効果がもっと知りたい方へ】ADHDサプリの効果本当?>>